パソコンのデータトラブルで横浜市のおすすめHDD復旧業者3選!

横浜でおすすめの復旧業者やメリット・デメリットをご紹介

横浜市内でパソコンのデータトラブル

横浜市内でパソコンのデータトラブル

パソコンのデータトラブルが起きたとき、もっとも大事なのは焦らないことです。HDDは再起動や電源のオンオフで負担がかかります。負担がかかればデータ復旧のハードルが上がります。

データトラブルが起きたら横浜市内のHDD復旧業者を探しましょう。おすすめの業者は「ウィンゲット横浜」「PCクリニック」「格安データ復旧.biz」の3つです。今回の記事ではおすすめの業者や依頼から完了までの流れ、業者に依頼するメリットなどを解説します

横浜でおすすめのHDD復旧業者3選

横浜でおすすめのHDD復旧業者3選

横浜市内でデータトラブルが起きたときにおすすめしたい業者は「ウィンゲット横浜」「PCクリニック」「格安データ復旧.biz」の3つです。どの業者も横浜に店舗を構えていますので、HDDを持ち込んでデータ復旧を依頼できます。ウィンゲットは特に、横浜に5つの拠点を構えているのでおすすめです。

横浜市内の業者を比較して選ぶときは、それぞれの特徴を把握しましょう。たとえば、ウィンゲット横浜は大手で設備に定評があります。逆にPCクリニックや格安データ復旧.bizは横浜市内の相場より安くHDD復旧を提供しています。

神奈川県全域に出張可能!関内・川崎にオフィスあり「ウィンゲット横浜」

全国に拠点を持つHDD復旧業者の大手ウィンゲットは、横浜にもいくつかの受付センターがあります。関内駅と川崎駅にそれぞれオフィスを構えており、その他にも横浜市泉区、海老名、藤沢に受付センターがあります。また、神奈川県全域への出張にも対応しています。

突然の故障でも98.5%の復旧率を誇り、内蔵HDD以外にRAIDや外付けハードディスク、SSD、NAS、USBメモリなどに対応しています。スマートフォンやパソコンから相談できるオンライン相談や、ZoomやLINEから症状を診断してもらえるリモート無料診断サービスを提供しています。

横浜で1990年創業!実績があり安心・確実「PCクリニック」

PCクリニック横浜市都筑区にあるパソコン修理業者で、HDD復旧サービスも提供しています。1990年に創業し、30年以上の実績を誇ります。復旧対象はMOディスクやフロッピー、USBメモリ、DVD、SDカード、外付けハードディスク、SSD、RAIDなど多岐にわたります。

サイトには料金が掲載されており、軽度の論理障害なら3万3000円(税込み)です。横浜市内でパソコンの修理やデータトラブルが発生したら、真っ先に依頼を検討したい業者です。相場より安く、信頼性と実績があり安心して依頼できます。

横浜のHDDデータ復旧・パソコン修理サービス「格安データ復旧.biz」

神奈川県横浜市中区にある格安データ復旧.bizは、名前の通り格安でHDD復旧を提供しているサービスです。WindowsのOS障害や外付けハードディスク、USBメモリ、スマホ、タブレット、携帯音楽プレーヤーなど多様なデバイスのデータ復旧に対応しています

祝・日が定休日でそれ以外の日は午前10時~午後19時(土曜日のみ午後18時)まで営業しています。料金は外付けハードディスクの論理障害で1万9800円から受け付けています。HDDデータ復旧以外にパソコン修理も請け負っていますので、横浜市でパソコントラブルが発生したときにおすすめです。

パソコン修理とHDDデータ復旧の違い

パソコン修理とHDDデータ復旧の違い

パソコン修理とHDD復旧は作業内容も目的も異なります。横浜でもHDD復旧が専門の業者、パソコン修理が専門の業者と分かれています。たとえば、Windowsが起動しない場合、パソコン修理業者とHDD復旧業者のどちらに相談すればよいかわからないこともあります

その場合は、横浜市内でパソコン修理、HDD復旧のどちらも請け負っているPCクリニックがおすすめです。PCクリニックは横浜市都筑区にあり、都筑ふれあいの丘駅から徒歩7分です。

パソコン本体を修理するケース

WindowsやMacに限らずパソコン本体を修理する場合、故障したパーツを交換する作業が主です。CPUやマザーボード、メモリなど故障しているパーツを見つけ、それを交換することで直します。HDDが故障している場合はHDDを交換します。

そのため、パソコン修理ではデータ保証されていないケースがあります。修理業者やメーカーに依頼する前に、データ保証の有無を確認しましょう。

HDDのデータを復旧するケース

HDDデータ復旧はHDDを直すのではなく、データのサルベージが主な作業です。データをサルベージして新しいHDDやSSD、USBメモリなどに移し替えることでデータを救出します。データトラブルには論理障害と物理障害があります

論理障害はデータ復元ソフトで復旧できるケースもありますが、物理障害の場合はHDD復旧業者に依頼するしかありません。どちらのデータトラブルでも、HDDに負担をかけると復旧のハードルが上がります。パソコンの再起動やHDDの電源オンオフを繰り返さないようにしましょう。

HDD復旧を業者に依頼するメリット・デメリット

HDD復旧を業者に依頼するメリット・デメリット

HDD復旧業者に依頼するメリット・デメリットについて解説します。

メリット

HDD復旧を業者に依頼するメリットは「確実・安全なデータ復旧が期待できる」「迅速にデータ復旧が終わる」の2つです。データトラブルには論理障害と物理障害があります。データ復元ソフトなどでスキャンして余計な負担をHDDにかけると、それだけでHDD復旧のハードルが上がります。

その点、業者なら確実かつ安全にデータを復旧してくれます。くわえて、数百GBから数TBある大容量HDDでもHDD復旧業者なら迅速に復旧できます。個人だと大容量のHDDの復旧は多くの時間がかかります。

デメリット

HDD復旧業者に依頼するデメリットは「費用がかなり高い」「技術力のある業者がわからない」の2つです。データ復元ソフトを利用すればデータ復旧は数千円程度で終わります。しかし、HDD復旧業者に依頼すると軽度の論理障害でも数万円かかります

技術力の高い業者に見極めも困難です。技術力の低い業者にあたってしまうとデータが復旧できないどころか、HDDに負担をかけるだけに終わるケースもあります。「クリーンルームなどの設備が充実しているか」「実績があるか」「口コミの評価が高いか」といった要素で技術力を見極めましょう

どうして業者によって費用が異なるの?

どうして業者によって費用が異なるの?

HDD復旧は横浜市内の業者間でも費用に大きな違いがあり、数万円程度異なることもざらです。相場より料金が高い業者には2つのタイプがあります。1つは設備が充実していて、その分だけ料金が高くなっているケースですもう1つは外注を利用しており、外注費用が料金に上乗せされているケースです

逆に、自社内でHDD復旧作業を完結している業者なら料金が格安の場合が多いです。横浜市内だとPCクリニックや格安データ復旧.bizがそれに当たります。HDDの症状によって、横浜市内の最適な業者を選択しましょう。

HDDのデータ復旧依頼から完了までの流れ

HDDのデータ復旧依頼から完了までの流れ

HDDの復旧依頼から完了までの流れについてまとめます。

  1. ①電話やメールでの問い合わせ
  2. 最初に電話やメール、問い合わせフォームで問い合わせましょう。もしデータ復旧を急ぐのなら、その旨も問い合わせのときに伝えましょう。

  3. ②HDDの持ち込みや宅配発送
  4. 横浜に店舗を構えている業者なら持ち込みがおすすめです。送料がかからず、初期診断もすぐにしてくれることが多いからです。横浜市外の業者に依頼するときは宅配発送が一般的です。送料はお客様負担になりますので注意してください。

  5. ③初期診断と見積もり
  6. HDDが業者に届いたら初期診断と見積もりを行います。「データ復旧が可能かどうか」「どれくらいの費用がかかるか」をチェックします。

  7. ④復旧作業
  8. 見積もりに問題がなければ復旧作業に取りかかります。復旧作業は即日完了することもあれば、数週間かかることもあります。急ぎの場合は、事前にその旨を伝えておきましょう。

  9. ⑤結果報告とデータの確認
  10. HDD復旧の結果報告を受けます。希望のデータが復旧できているかどうか確認しましょう。

  11. ⑥料金の支払いと納品
  12. 無事に希望のデータが復旧できていたら料金を支払います。支払いはクレジットカードと銀行振り込みが一般的です。横浜に店舗を持つ業者なら現金払いを受け付けていることもあります。

横浜でデータトラブルが起きたら

データトラブルが起きたときに大切なのは焦らないことです。パソコンの再起動や電源のオンオフを繰り返すとHDDに負担がかかり、データ復旧のハードルが上がります。落ち着いて横浜市内のデータ復旧業者を探しましょう。

横浜市内でおすすめのデータ復旧業者は「ウィンゲット横浜」「PCクリニック」「格安データ復旧.biz」です。障害の症状に合わせて、最適な業者を選択しましょう。