HDDがヘッドクラッシュ?!重度物理障害のデータ復旧方法

HDDのヘッドクラッシュや重度物理障害のデータ復旧に対応している業者をご紹介

物理障害のデータ復旧はどうしたらよい?

物理障害のデータ復旧はどうしたらよい?

データ障害には論理障害と物理障害があります。論理障害はデータ復元ソフトで対処できることも多いですが、物理障害はデータ復旧業者に依頼するしかありません。

特に、重度の物理障害に対処できるデータ復旧業者が限られます。重度物理障害からのデータ復旧には、高い技術力が必要だからです。

今回の記事では高い技術力を持ち、重度物理障害に対応できるデータ復旧業者を紹介します。くわえて、重度物理障害についてわかりやすく解説します。

HDDのデータ障害の種類

HDDのデータ障害の種類

HDDやSSD、外付けハードディスクなどのデータ障害には論理障害と物理障害があります。データ障害の種類によってその後の対処の仕方が異なります。たとえば、論理障害はデータ復元ソフトで対処できるケースが多いですが、物理障害はデータ復旧業者に依頼するしかありません。

HDDがデータ障害を起こしたら、データ障害の症状によって適切な対応をしましょう。論理障害、物理障害どちらでも、デバイスに負荷を与える行動は厳禁です。症状が悪化すると、データ復旧のハードルが上がります

論理障害

論理障害とは「ファイルが何らかの理由で破損した」「意図せずゴミ箱から削除してしまった」「フォーマットしてしまった」といった場合を指します。「ディスクがフォーマットされていません」などのメッセージが出ることもあります。

論理障害が起きたら、デバイスをパソコンにできるだけ接続しないようにしましょう。データの上書きはデータ復旧のハードルを上げます。くわえて、データ復旧したいなら絶対にフォーマットしないでください。

論理障害はデータ復元ソフトでデータ復旧できるケースも多いですが、より安全で確実を期したいならデータ復旧業者に依頼しましょう

物理障害

物理障害でよくあるケースは「HDDから異音がする」「焦げ臭いにおいがする」「カタカタ鳴っている」「OSが起動しない」「HDDが認識しない」などです。物理障害は落下や衝撃、落雷、水没などによって物理的にHDDやSSDが故障する現象を指します。HDDやSSDだけでなく、USBメモリやSDカードでも物理障害は起きます。

物理障害は論理障害とは異なり、データ復元ソフトで対応することはできません。データ復旧業者に依頼するしかありませんので注意しましょう。物理障害の度合いによっては重度物理障害に分類されることもあります。重度物理障害の場合、データ復旧を請け負ってくれる業者は限られます。

HDDの重度物理障害とは

HDDの重度物理障害とは

HDDの重度物理障害にはいろいろな症状があります。それぞれの症状を解説します。

HDDが正常に動作しない

電源をつけてもHDDが動作しない場合、重度物理障害に分類されます。症状が出たら最初に、ACアダプタの断線を疑いましょう。パソコンの電力不足の場合もありますので、ほかの機器に影響が出ていないか確認してください。

電源ランプが点灯するにもかかわらず動作音がしないなら、重度物理障害の可能性が高いです。外付けハードディスクの場合、無理に電源のオンオフを繰り返すとHDDがダメージを受ける可能性があります。HDDがダメージを受けるとデータ復旧のハードルが上がりますので注意しましょう。

異音がする

HDDは動作するが、カタカタと異音が鳴る場合は故障寸前の合図です。異音がする場合は磁気ヘッドの故障が考えられます。磁気ヘッドとはデータの記録面に読み書きを行う装置のことです。

障害を起こした磁気ヘッドは「カチカチ」「カタカタ」と異音を発します。この状態で通電を続けると記録面であるプラッタに傷がつき、重度物理障害に発展する可能性が高くなります

HDDから異音がした場合は、HDDが動作しているうちにデータのバックアップを作成しましょう。

ヘッドクラッシュ

HDDのヘッドクラッシュとは、HDDが強い衝撃を受けてヘッドが円盤に接触し、ヘッドやプラッタを傷付けることを指します。ヘッドクラッシュが起きるとプラッタが傷付き、データが失われたり読み込めなくなったりします。

ヘッドクラッシュも重度物理障害と分類されます。

HDDが重度物理障害になる前に

HDDが重度物理障害になる前に

HDDの寿命は3年~4年と考えられています。HDDは消耗品であり、いつかは故障してデータも消失します。そのため、重度物理障害に陥る前に適切な対処をしておくことが望ましいでしょう。

適切な対処としては「データを定期的にバックアップする」「HDDを定期的に交換する」「HDDのS.M.A.R.T.情報から故障時期を予測する」といったことが求められます。特に、定期的なバックアップは万が一のために欠かせません。

HDDはいつか重度物理障害を経て故障します。その前に適切な対処をしておきましょう。

HDDの重度物理障害のデータ復旧に対応している業者

HDDの重度物理障害のデータ復旧に対応している業者

HDDの重度物理障害に対応しているデータ復旧業者を紹介します。

ハードディスクの重度物理障害も復元「データレスキューセンター」

データレスキューセンター論理障害はもちろん、重度物理障害にも対応したデータ復旧業者です。HDDのヘッドやディスク面の損傷、SDカードやUSBメモリの基盤やコントローラの障害、メディアの電気的・機械的な故障のデータ復旧を請け負っています。

初期調査は無料で行っており、データ復旧可能なリストを調査して提出します。

リードエラーやヘッドクラッシュなどの重度物理障害でも、独自の技術で高い復旧率を誇ります。

  • https://www.rescue-center.jp/

高い専門技術で重度物理障害でも復旧可能「クイックマン」

クイックマンは、他社では断られた重度物理障害でも諦めずにデータ復旧を目指します「ハードディスクから異音がする」「HDDを落下させてしまった」「デバイスとして認識されない」といった場合は重度物理障害の可能性があります。

重度物理障害をデータ復旧できる業者は限られます。クイックマンは高い技術力と完全自社作業で高い復旧率を誇ります。HDDの重度物理障害は9万9800円から請け負っており、他社に比べて割安です。重度物理障害のデータ復旧も完全成功報酬制なので、データ復旧できてからしか費用は発生しません。

  • https://www.quickman-pc.com/

費用と作業内容が明確!「LIVEDATA」

LIVEDATA「HDDにアクセスできない」「HDDを認識しない」「HDDから異音がする」といった重度物理障害でも素早くデータ復旧が可能です。たとえば、HDDにアクセスできない場合は4万4000円から請け負っており、作業日数目安は24時間です。

LIVEDATAはデータ復旧に必要な「技術」「設備」「環境」「ドナーパーツ」のすべてを取りそろえています。初期診断は30分程度で、すべて自社内作業なので納品もスピーディーです。

重度物理障害は9万9000円から請け負っており、最大でも25万円までとなっています。

  • https://www.livedata.jp/

ブログで重度物理障害の復旧を公開「PC Fixs」

PC Fixsは重度物理障害からの復旧実績をブログで公開しています。たとえば、「WD WD20EARS-00MVWB0」「TOSHIBA MQ01ABD075」といった重度物理障害のHDDの故障内容や、復旧までの作業記録を公開中です。重度物理障害では、こういった実績を公開しているデータ復旧業者に依頼するのがおすすめです。

PC FixsではWindows、Macなどの各種パソコン、外付けハードディスク、HDD、SSD、USBメモリ、SDカード、NAS、RAIDなどのデバイスのデータ復旧を請け負っています。データ復旧はお持ち込み、出張、宅配の3つから選んでいただけます。

  • https://www.pc-fixs.com/

物理障害に強い業者に依頼しよう

データ障害には論理障害、物理障害の2つのタイプがあります。論理障害はデータ復元ソフトで対処できることも多いですが、物理障害はデータ復旧サービスに依頼するしかありません。

中でも、重度物理障害のデータ復旧を請け負ってくれる業者は限られます。重度物理障害のデータ復旧には、高い技術力が必要だからです。

今回の記事で紹介した業者は、いずれも高い技術力と信頼性のあるデータ復旧業者です。重度物理障害が起きたときに依頼を検討してください。