HDDの交換で復旧の確実性を取るなら業者に依頼するのが安心安全!

HDD復旧の基本

HDDを交換するタイミングはこんな時

HDDを交換するタイミングは、段階によって異なります。
どの段階までHDDを使い込むかによって、タイミングは違ってくるのです。
まず、早期にHDDを交換する場合には、購入時に比べて動作が重くなってきた時や起動時間が長くなったと感じたら早期交換のタイミングだと言えるでしょう。
また、パソコンによってはフリーズの回数が増えることもあります。
こちらも同様に早期交換のタイミングだと言えるでしょう。
さらに、HDDから異音が発生する場合や動作音が大きくなっている場合は、物理的な故障が発生する前触れでもありますので、すでに交換のタイミングに達していると言えます。
これらはHDDの悲鳴だったりシグナルだったりしますので、この状態で使用を続けていると、一部のデータが破損するといった具体的な不具合が発生するようになってしまいます。
軽微な故障や劣化の段階でHDDを交換したほうが、データが保全される可能性が高まりますので、できることならば早期交換のタイミングで取り替えてしまうのがおすすめです。

HDDを自分で交換する際の流れ

HDDは、パソコンの部品の中でも比較的簡単に修理することができるパーツです。
また、修理の頻度も多くなっていますので、自分で交換する際の手順を把握しておくと役立ってくれます。
また、難しいと思ったら、無理することはせずに、業者に依頼するというのも一つの手段になってくるでしょう。
わからないでいじっていると、余計に故障させてしまうこともあります。

①HDDの種類を確認する

HDDを交換するといってもどのようなタイプなのかを知らなければ難しいです。
また、HDDの確認とともに、パソコン内部の取り回しのしやすさも確認しましょう。
パソコンの中にはワンタッチでHDDを交換できるようなものもあれば、さまざまなケーブルを外して、ようやくHDDにたどり着けるものもあるのです。
そのため、取り回しがしにくい場合、下手にいじらずに業者に依頼する方法もあります。
HDDのサイズは、デスクトップ型なのかノートパソコンなのかによって違い、デスクトップの場合3.5インチ、ノートパソコンの場合2.5インチのサイズになります。
また、一部1.8インチという小型端末用のHDDもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

②リカバリーメディアを確認する

HDDを交換する前に、リカバリーメディアやリカバリーディスクといったものがあるかを確認します。
HDD交換後は、OSの再インストールが必要になりますので、リカバリーメディアがあると便利です。
リカバリーメディアがない場合は、事前に自分で作成しておきます。

③HDDを交換する

パソコンを開いて、HDDを交換します。
取り回しが良ければ、HDDの交換はほとんどワンタッチできるものが多いので、特別な技術は必要ありません。

④元の状態に戻す

HDDを交換し終わったら、起動確認をして元の状態に戻します。
HDDを交換した状態では、OSも入っていませんし、業務で必要なソフトもインストールされていません。
この状態でリカバリーディスクなどを利用して、元の使える状態に戻していくのです。
どちらかといえば、HDDの交換で面倒なのは、交換そのものよりも、交換後の復旧作業です。

HDD交換時の注意点

HDDを交換する際に注意することを紹介していきます。

注意すること①:衝撃を与えない

HDDが発するなんらかのサインによって交換する場合、HDDはかなり傷んでいる可能性があります。
そのため、この状態で衝撃を与えてしまうと、HDDが故障が酷くなってしまう可能性があるのです。
状況によっては、交換前は問題なかったのに、交換時の乱暴な作業によって故障してしまうケースもありますので気を付けましょう。

注意すること②:データの保護

HDDを交換する場合、基本的には購入した時の状態に戻ってしまうと考えてください。
また、リカバリーメディアがない場合は、OS以外に何も入っていない状態になってしまいますので、事前にデータの保護が必要です。
保存しておくべきものがあれば、事前にバックアップを忘れないようにしましょう。
これは業者にHDD交換を依頼する場合も一緒なので覚えておいてください。

注意すること③:サイズの確認

HDDのサイズはノートパソコンとデスクトップパソコンでは全然違います。
もちろん、互換性はありませんので、購入時にはサイズを間違えないようにしましょう。

チーム、会社規模でのHDD交換は業者へ依頼

HDD交換は、1台や2台をその都度交換するくらいなら、素人でも問題なく対応することができます。
最近のパソコンは取り回しが計算されていますので、簡単に取り外したり、設置したりすることが可能です。
しかし、それでも台数が多くなってくると大変です。
チーム全体のパソコンを修理する場合や会社規模でHDD交換をする場合は1人では対応しきれませんので、業者に依頼するのが無難でしょう。
業者に依頼することによって、スピーディーかつ確実に交換してくれます。
また、信頼できる業者の場合、元々付いていたHDDのデータ消去などもしっかりとやってもらえるので、会社の場合はより安心です。
ここではHDD交換をするおすすめの業者を紹介します。

PCエコサービス

PCエコサービスはHDDの交換に対応してくれるサービスです。
このサービスは、データ復旧サービスとしても非常に有名で、これまでにメディアの取材実績が多数あります。
世界最高峰のデータ復旧解析機を導入していることでも有名で、データの扱いには定評があるのです。
そのため、簡単なHDDの交換はもちろん、交換したうえで、付いていたHDDのデータを復旧してもらいたいといった難易度の高い要望にも対応してもらえます。
データ復旧は、業界最安値水準で受け付けています。
8年以上の実績もあり、メディアへの露出も多数ということで、信頼性も十分と言えるのではないでしょうか。
対応機種もパソコンやノートパソコンだけではなく、スマホなどの端末にも対応しており、大規模な依頼にも対応してもらえます。

デジタルデータリカバリー

HDDの交換を依頼するならデジタルデータリカバリーも見逃せません。
こちらのサービスもデータ復旧に定評があり、データ復旧率は95.2%と非常に高い水準を維持しています。
このことからも、データの扱いに関しては、一流と言えるのではないでしょうか。
そのため、軽微なHDD交換にも対応していますし、データが取り出せなくなってしまった時の対応なども受け付けてもらえます。
ユーザーに選ばれるさまざまな理由を持っていますが、その中でもセキュリティの高さは嬉しいところです。
会社で一括交換などをする場合は、重要なデータをたくさん預けることになります。
そして、デジタルデータリカバリーは一切妥協のないセキュリティシステムが構築されているので、安心して大切なデータが含まれたHDDの交換を任せることができるのです。

データSOS

信頼できる交換業者というのは、精度の高いデータ復旧を行っていることが多いです。
そして、データSOSも交換だけではなく、データ復旧で評判の業者になっています。
国家資格者によるデータ復旧となっていて、中には女性の有資格者もいますので、安心して相談することができます。
また、データSOSの嬉しい特典としては、データ消去が無料という点です。
会社のパソコンのHDDを一括でする場合には、大量の不要なHDDが発生します。
しかし、これらには大切なデータが含まれていることが多いので、一つひとつしっかりとデータを削除しなければなりません。
この際にデータSOSなら無料でデータ消去をしてもらうことができるのです。
また、初期診断も無料になっていますので、交換だけではなくデータ復旧を込みで行うような場合には重宝します。

HDDは壊れる前に早めに交換することが大切

HDDを交換する場合は、壊れる前に早めに交換することがベストです。
しかし、ほとんどの人たちがこれをできていないのが現状です。
その結果、データ復旧に高いお金を払うことになる場合や最悪の場合はデータ自体がダメになってしまうこともあります。
逆に壊れる前に早めに交換することができれば、あらかじめデータを非難させておくことができますし、余裕を持ってクリーンな状態にすることができるでしょう。
HDDが良い状態だと、動作もスムーズですし、予期せぬエラーなども回避できるのです。
作業性ということを考えれば、良い状態のHDDで仕事をするというのは重要になってきます。
また、万が一、HDDの交換が必要になった場合は、業者に依頼するのがスムーズかつ安心です。
スピーディーに対応してくれますし、データ復旧やデータの処分などにもしっかりと対応してくれます。

タイトルとURLをコピーしました