HDDの処分方法について無料から有料まで適切な方法をご紹介!

不要になったHDDはどのように処分したら良いか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。HDDの処分は可能ですが、単にゴミ箱に捨てるというわけにはきません。

間違って廃棄してしまうと、後でトラブルに発展することもありますので、注意が必要です。HDDを処分する際は、事前に注意点や廃棄方法を把握して、間違いのないように行いましょう。

ここでは、HDDの処分方法について、廃棄する際の注意点から無料または有料で捨てる方法について、わかりやすく説明します。

使わなくなったHDDを処分する際の参考にしてください。

HDDの処分で気を付けるべきポイント

使い古したHDDには、データが残されています。そのまま捨てしまうと、第三者にデータを悪用されてしまうおそれがありますので、適切に処分する必要があります。

データの消去というと、HDD内に残されているファイルなどをゴミ箱に捨てることを考えるかもしれませんが、ゴミ箱に捨てるだけでは完全に消去したと言えません。

HDDを処分するならデータの初期化だけでは不十分?

データはゴミ箱に捨てただけでは不十分なら、HDDを初期化またはフォーマットしたら良いのでは、と考えるかもしれません。

確かにゴミ箱に捨てるよりもデータを消去できる気がしますが、フォーマットしたデータを復元できるHDDが存在するため、得策とは言えません。

HDDを処分する時の流れ

HDDを処分するには、データ消去用のフリーソフトを使うか、専門店に持ち込んでデータを消去してもらうかの方法があります。データ消去用のフリーソフトは、パソコンに内蔵されているHDDに有効です。

使い方を間違えなければ、残されているデータが復元できないレベルに消去が可能です。HDDを処分する時の流れは、処分する前にデータの消去を行います。

その次に、HDDを回収してもらうまたは破壊するなどして、本体を処分します。

HDDを処分する前にまずはデータ削除を!

データが復元されてしまったことを知らずにいると、SNSアカウントを乗っ取られたり、クレジットカードを悪用されたりするおそれがありますので、データが完全に復元できないように削除する必要があります。

HDDを処分するときのデータの削除方法

HDDは専用ソフトを使えば自分で削除することも可能ですが、そうでなければパソコンの専門店や家電量販店に依頼するという方法があります。

お店を利用すると、データ削除代がかかってしまいますが、確実にデータを消したいという場合はおすすめです。ただし、良いお店を選ばないと、トラブルに発展することが
ありますので、どの店でも良い、というわけではありません。

複数のお店をピックアップして、料金形態やサービス内容、セキュリティなどの面から比較すると、条件に合ったところが見つかりやすくなります。

お店の中には料金形態が曖昧で、消去方法についても詳しく説明してくれないところもありますが、そういうお店は避けるようにしましょう。逆に、料金が明確で、データを削除した後に消去証明書を発行してくれるところもあります。

料金が不明瞭なまま依頼してしまうと、消去が完了してから高額な請求をされる可能性もありますので、事前にホームページや直接スタッフに確認しておくことをおすすめします。

HDDを処分する時の物理的破壊方法

HDD内に残されているデータを消去するのではなく、本体を破壊してしまうのも、処分方法の一つです。

破壊してしまえば、データを削除する必要も、データを悪用される心配もなくなるため、乱暴な方法ではありますが、セキュリティ面では安全と言えるでしょう。

HDDの中でデータが保存されている部分は、プラッタと呼ばれる円盤部分です。この部分を破壊することで、データ削除と同じ効果が得られます。データ消去に自信がない場合やできるだけお金をかけずに済ませたいという人向けの方法です。

HDDの破壊方法には、いくつか方法があります。

一般的な方法は、プラッタ部分をハンマーで破壊することです。破壊方法は簡単で、HDDのケースカバーを外し、円盤を取り出して、ハンマーで叩きます。

内蔵されているプラッタは、複数の円盤が重なった構造をしていますので、すべて叩き壊すことがポイントになります。プラッタは、ハンマーで叩けば簡単に壊れますので、簡単に処分できるでしょう。

ただし、叩いて部品が飛び散りますので、ゴーグルをかけるなど、安全対策が必要です。ハンマーで破壊することに抵抗があるなら、ドライバーなどで、プラッタの表面に傷を付けるという方法はいかがでしょうか。

傷が付いたプラッタは、データの読み取りができなくなります。ハンマーの代わりに水を使って壊す方法もあります。単に水に浸すだけという方法になりますので、破壊した部品が飛び散ることもなく周囲を汚さず破壊できる方法です。

HDDは水に濡れると、データの読み込みができなくなりますが、すでに保存されているデータが完全に消去されるとは限りません。水に浸すだけでは、プラッタまで破壊できませんので、完全度から言えば、ハンマーで叩き壊すほうが、より確実でしょう。

HDDを無料で処分する方法

HDDを無料で処分する方法として、自治体のゴミの日に合わせて処分する、パソコンメーカーに回収してもらう、リサイクルショップに回収してもらうなどの方法があります。

自治体に回収してもらう場合、HDDは粗大ゴミに分類されるのです。メリットとしては、回収日に合わせて出すだけなので、処分が簡単なうえ、無料で捨てられるという点が挙げられます。

デメリットとしては、回収日に合わせる必要があったり、回収方法が決められたりしている点です。自治体によっては回収BOXに入れる、指定された場所に持ち込むとしている場合もあります。

自治体によってHDDの分類が異なる場合がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。また、回収は無料ですが、自治体によっては有料とする場合がありますので、こちらも確認が必要です。

パソコンメーカーに依頼すると、原則として無料で回収してもらえるほか、データ消去保証の発行など、セキュリティ面でメリットがあります。しかし、PCリサイクルマークがないパソコンは回収するのに費用がかかるなど、有料になることもありますので注意が必要です。

リサイクルショップに回収してもらう際、状態によっては買い取ってもらえる可能性があります。デメリットは、データ消去を行っていないお店が多いという点です。

HDDを有料で処分する方法

有料でHDDを処分してもらう場合の方法として、パソコンショップやパソコンの処分を受け付けている電気量販店に依頼する方法があります。

パソコンショップに処分を依頼するほとんどの場合が、新しいパソコンに買い替えるときです。不要になったHDDやパソコンを、そのまま回収してくれるので、二度手間が省けるなどのメリットがあります。

デメリットとしては、古いパソコンの回収に、お金がかかってしまうという点です。回収代は、依頼するパソコンショップによって異なりますが、ノートパソコン1台あたり3,000円前後が目安になります。

大手の家電量販店では、HDDの回収サービスを行っているところもあるのです。

メーカーにこだわらず、HDDを破棄してもらえるほか、希望すれば、破棄したHDDを返却してもらえます。大手家電量販店では、通常依頼者の目の前でHDDを破棄しますので、安全性が高いというメリットがあります。

有料といってもコストはそれほど高くはなく、HDD1台あたり1,000円前後です。もし、最寄りにサービスを提供している電気量販店がなければ、処理してもらうために遠くまで出かける必要が出てきますので、デメリットになるでしょう。

有料サービスの基本料金には、リサイクルに必要な料金や郵送・運搬費が含まれています。パソコンの運搬費用やデータ消去証明書の発行代を別途設定しているショップもありますので、事前にチェックが必要です。

HDDの処分方法のまとめ

HDDの処分方法についてご紹介しました。HDDの処分方法はいくつかあるので、都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。

ただし、どの方法にも言えることですが、データの悪用を避けるために、事前にデータを完全に消去することが大切です。

HDDの処分は、それほど難しいものではありませんが、自分でする場合は、ケガなどに気を付けることや完全にデータが消去できる方法を選んだりすることがポイントになります。

専門店に依頼する場合は、良い店を選ぶことが、トラブルを避けることにつながります。適切な方法で、安全にHDDを処分しましょう。

タイトルとURLをコピーしました