HDDの平均寿命と復旧業者3社のご紹介!突然のデータ損失に困ったら相談しよう

HDD復旧の基本

HDDの寿命は平均で4年

HDD(HDD)の動作が遅くなっていませんか。
パソコン内蔵でも外付けでも将来的には寿命がくると見越しておかなければなりません。
HDDの寿命は平均で4年と言われています。
1日8時間使用すると4年ほどで1万時間を超えます。
長期間の使用で劣化するのです。
1日1時間ほどの使用時間でしたらもっと長く使えると思いますが、使用者の使い方によって寿命はそれぞれ違うと認識しておきましょう。
寿命を完全に防ぐことはできません。
また外付けHDDは持ち歩くことができます。
持ち歩きや乗り物内の揺れで「突然」データを損失する可能性があります。
今まで何も問題が起きていなくても使用して4年以上経っている場合は注意が必要です。
パソコンメーカーの保証期間も4年ほどとなっています。
パソコンは学校、会社、個人と多くの場所で使われているので、今一度保証期間をチェックしておくと安心です。

HDDの寿命がくる前に気付いておきたい兆候

使用から数年経ち、HDDが認識されなくなったら寿命です。
長年の使用で記録面の傷や破損でデータが読み込めなくなります。
HDDの寿命の兆候は次のようなことです。

・ギギギ、ガガガなどの異音
HDD周辺から異音がする物理障害のケース。

・焦げるにおいがする
HDDがショートしたりチップが焼けたりしたケース。

・普段より発生している熱が高い
HDDの処理が遅れ、余計に熱を発しているケース。

・動作中に急に電源が切れた
HDDの損傷で突然電源が切れるケース。

・エラーの増加
作業中、頻繁にエラーが起こり再起動されるケース。

・起動しない
電源ボタンを押してもなかなか起動しないケース。

・起動が遅い
HDDで問題が起こり起動が遅いケース。

・頻繁にフリーズする
使用しているときに頻繁にフリーズするケース。

HDDは精密機器です。
普段から取り扱いには細心の注意を払う必要があります。
以上のような兆候が見られたら「寿命が近いかも」と心の準備をしておきましょう。
使用頻度が少なくても長期間放置すればデータが消えてしまうことがあります。
HDDはとてもデリケートです。
お使いのHDDの寿命が気になるという方は、寿命を診断するソフトを検討する方もいると思います。
しかし寿命の兆候がある中で診断ソフトを利用すると症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。
寿命が近いと判断されたら、まずは外部記憶メディアやオンラインでデータを保存するなどバックアップを取ることをおすすめします。

寿命が来る前に、HDDの異変に気付いたらすべきこと

長期間使用してHDDの異変の兆候に気付いたら次のようなことに注意しておきましょう。
・安定した場所に設置しているか
・HDDの持ち運びをしない
・濡れた手で触らない
・強制終了はしない
・動作中にケーブルを抜かない
・負荷がかかることは避ける
・高温多湿を避ける
・未使用時は電源をオフにしておく
・頻繁にオンオフをしない
・ホコリをこまめに取り除く
・日頃からバックアップをしておく
・取扱説明書を見直す
・メーカー保証の日付を確認しておく
・保証期間内であれば修理交換してもらう

HDDに異変がなくても、普段からこのようなことに気を付けてパソコンを取り扱いましょう。
人間が睡眠を取らないと動けなくなるように、パソコンも使わない時は電源を切って休ませてあげましょう。
メーカーで修理する場合、メーカーの保証は動作面だけでデータの保証は含まれていないことが多いです。
日頃からのバックアップがデータ損失の予防になります。
修理に出す前にバックアップが取れるようでしたらデータを保存しておくのが安心です。
保証期間が切れての修理交換は思った以上に金額がかかることがあるので、パソコンの買い替えも選択肢に入れておいてください。
HDDは繊細な電子機器なので優しく取り扱うことを心がけましょう。
特にホコリに注意です。
ホコリが溜まるとショートしてしまうことや発熱の原因にもなります。
HDDの異変に気付いたらなるべく負荷をかけないよう注意してください。

突然、HDDに寿命が訪れてしまった時におすすめの復旧業者

HDDが故障する場合や寿命になる原因はさまざまです。
寿命の兆候を紹介しましたが、経年劣化、水漏れ、衝撃、高温、汚れや傷、動作中に急に電源を切るなどで「突然HDDが故障・寿命」が起こり得ます。
故障や寿命で読み込み不良などのトラブルに遭ったら復旧業者に頼りましょう。
ここからおすすめの3社をご紹介していきます。

デジタルデータリカバリー

・業者名「デジタルデータリカバリー」
・公式サイトリンク デジタルデータリカバリー
・電話番号 0120-706-332(フリーダイヤル)

デジタルデータリカバリーは365日24時間の無料診断・無料相談に対応してくれるダイヤルがあります。
各月の復旧率最高値が95.2%と高いです。
他社で復旧できなかったものや自分でフリーソフトなどを使って復旧できなかったHDDでもデータ復旧が期待できます。
クラス100のクリーンルームや最先端の設備で復旧を行っています。
対応メディアはRAID機器・HDD・外付けHDD・スマートフォン・USBメモリ・ビデオカメラ・SDカード・MSDカードです。
またCDやDVD・ゲーム用ディスクの研磨も行っており、読み込みが難しくなったメディアを修復することができます。

データSOS

・業者名「データSOS」
・公式サイトリンク データSOS
・電話番号 0120-29-8895(フリーダイヤル)

データSOSでは情報処理安全確保支援士の国家資格者が復旧してくれます。
秘密保持義務が課せられているので安心です。
機密データの流出を防ぎます。
大切な写真や会社のデータなど、復旧したデータをUSB外付けHDDなどに記録しての納品です。
納品用メディアはデータSOSが要実費で準備してくれるか自分で用意します。
データ復旧に誠実丁寧な対応です。
海外の会社へ外注する会社もありますが、データSOSではデータを守るため海外への持ち出しは一切せず、設備にも力を入れています。
HDDの現状をなるべく維持し、データSOSで措置が難しい場合は他社の紹介もしてくれます。
公式サイトの「ご相談フォーム」にて初期診断が可能です。

win.get

・業者名「win.get」
・公式サイトリンク win.get
・電話番号 0120-703-392(フリーダイヤル)

win.getではHDD10台以上の大規模サーバ機にも対応してくれます。
火災や落雷などの天災の故障にも対応可能です。
実績に東日本大震災の津波被害で故障した機器の復旧があります。
また東京都どこでも出張費無料でスタッフが訪問してくれるので、持ち出しが厳しい法人の機器でも相談することができます。
法人用のサーバが突然シャットダウンしてOSが起動しない場合でも診断・復旧作業を依頼できるので安心です。
「HDDの医者」というプロ意識で10,000件以上のデータ復旧の実績があります。
選ばれる理由は全国47都道府県に窓口があり相談しやすいことです。
顧客満足度98%の丁寧な作業で企業や公共機関に多数の復旧実績があります。
社内の規定でパソコン機器を持ち出せない場合も、復旧業者を利用して「会社まで来てほしい」とお願いすれば出張してくれるので便利です。
個人でHDDを修理しようと悪戦苦闘するより、復旧の専門知識を持ったプロに任せたほうが安心です。
最初に診断と見積もりをしてくれるので依頼するかどうか診断をみて判断すると良いでしょう。
復旧にあたってはデータのみなのか、故障した箇所も修理してもらえるのか確認しておいてください。
これらの復旧業者を利用しても復旧できない場合は「HDDの寿命」です。
HDDには多くの個人情報や機密情報が残っているので、専門の業者に依頼して廃棄しましょう。

購入時点で手厚い保証のあるメーカーを選びましょう

蓄積したデータが失われるのは本当に大変です。
ご紹介したように万が一HDDの寿命がきた場合は復旧業者への依頼もできます。
しかし購入時点で手厚い保証のあるメーカーを選び備えておくことが大切です。
メーカー自体に保証サービスがあればより安心できると思います。
保証期間内であれば無償でデータの復旧を利用することや機器の交換をすることができます。
不慮の事故だけでなく、長期使用による劣化でHDDはいつかは必ず壊れるものなのです。
「もしも」はいつでも起こりえます。
備えがあればデータ損失に対処することができます。
困ったらメーカー保証と復旧サービスをぜひ利用ししてHDDの寿命に備えましょう。

タイトルとURLをコピーしました